レポート

​- 2014 春 ポーランド・ドイツ遠征 -

 

赤星 貴文 選手ら日本人選手が活躍中、また現ジュビロ磐田所属の松井 大輔 選手も2013/14シーズンにプレーし、日本からの注目度も高まっているポーランドを中心に遠征を行いました。

 

 

遠征チーム:U12 ワールドチャレンジ ジャパンチーム
※大阪・埼玉・東京から参加希望者が集まりました
                
日程:2014年3月27日〜4月3日(8日間)

場所:ポーランド・ドイツ

内容:



-現地プロクラブのジュニアチームとの親善試合

-現地プロコーチによるコーチング・トレーニング

-ポーランド・エクストラクラサ観戦

 

-ドイツ・2ブンデスリーガ観戦
   

-ポーランド1部リーグの Pogoń Szczecin 所属の 赤星 貴文 選手、村山 拓哉 選手等 日本人選手、現プロ選手達との交流



-現地メディア記事掲載(各媒体WEBニュース・新聞)

-クラブ・スタジアム見学




親善試合・遠征協力クラブ:

 

-ポーランド1部リーグクラブ ポゴン・シェチェチン (Pogoń Szczecin)

 

-ポーランド1部リーグクラブ レヒア・グダンスク (Lechia Gdansk)
 

-ポーランド3部リーグクラブ コンコルディア・エルブロンク (Concordia Elbląg)

 

-ドイツ2部リーグクラブ  FC ユニオン・ベルリン (FC Union Berlin)

協力クラブ

Pogoń Szczecin

Lechia Gdansk

Concordia Elbląg

FC Union Berlin

​体験談

- 参加選手より

今回の海外遠征で感じた事は、どの国に行っても言葉が通じなくても楽しくサッカーできるし、試合が終わった後でも仲良くなれる事が わかりました。海外でサッカーしている日本人選手も頑張っているなって思いました。海外でサッカーやりたいって気持ちになりました。」


- 保護者様より

「はじめは、海外なので少し不安な気持ちもありました。説明会もして頂きどういう所に行くかもわかりました。

旅行中も日々の様子をコーチからメールで教えて頂きなかなか普段体験出来ない事を体験できているなあと思いました。

まず言葉が通じないし生活文化も全く違う、でもそんな中でチームメートとのコミュニケーションもしっかりとれていたのではないかなあと思いました。外国人の同年代の相手とサッカーを出来たのも普段出来ない経験となり心の中に深く刻まれている事でしょう。

スタジアムでのヨーロッパサッカーの生観戦、ピッチ見学、食事会など未体験の事ばかりで子供にとってとても素晴らしい遠征になった事は間違いありません。その証拠に来年もまた行きたいと帰ってきてすぐに言ってました。

親としては子供がこれからの人生に活かせる経験となった事を嬉しく思います。

最後に遠征を企画し引率して頂いた事に感謝いたします。ありがとうございました。」

私たちは、海外プロクラブとのタイアップにより、充実した海外遠征を企画実施します。

各クラブの目的・希望・予算などに合わせ、私たちの持つノウハウやネットワークを生かした充実したプランを提案します。


現地クラブとの親善試合、現地プロコーチによるトレーニング、試合観戦等はもちろん、

 

各滞在地ならではの特別なアクティビティーをプランニングすることもできます。

 

興味のある方は、まずはお問合せください。>>お問合せはこちらから



遠征国候補 : 

ドイツ・ポーランド・ポルトガル・チェコ・ルーマニア・ブルガリア・トルコ・ロシア・セルビア・メキシコ・アメリカ・カナダ 等

 

対象:

小学生〜大学生まで各年代

海外遠征

© 2012 FOOT PLAN / We Think Global. We Move Forward.