私たちは、異色の道で現在世界の舞台で活躍し続けている選手をアドバイザーに迎えています。


そして、随時彼らとディスカッションして、彼らの経験から得られるものを、

現在挑戦している選手達、これから挑戦する選手達のサポート活動に生かしていきます。

1/2

​木村 光佑 選手​ Kimura Kosuke​

 

メッセージ

​「海外で挑戦するということを難しいと思わないでください!

大事なのは、自分自身の心の底にある強い意思です。

これさえ有れば、どんなことも打開していけます。」

​

New York Red Bulls (アメリカMLS) 所属

DF 1985年5月14日生



川崎Fユース後、アメリカの大学に進学。大学、USL PDLでのプレーを経て、2007年にMLSのドラフト指名から Colorado Rapids への入団。

日本人初のMLSプレーヤーとなった。
2010年にはMLSカップを制し、全米制覇を成し遂げ、

​その後、2012年には同リーグ Portland Timbers に移籍。

2012年末、New York Red Bulls に移籍し、アンリ (元フランス代表) 、ケーヒル (オーストラリア代表)らと共にプレーしている。

瀬戸 貴幸 選手 Seto Takayuki

 

メッセージ

​「海外挑戦という夢や目標があるなら、勇気をもってチャレンジして欲しいですね。簡単なことではないけれど諦めず頑張ってほしいです。」

​

FC Astra Giurgiu (ルーマニア1部) 所属
​MF 1986年2月5日生



​高校卒業後、ブラジル留学、日本の地域リーグでのプレーを経て、

2007年に当時ルーマニア3部リーグの FC Astra に移籍。

その後チームは1部に昇格し、自身のルーマニア1部リーグでの公式戦出場も150試合を越え、チームではキャプテンを務めることもある。

2013/14 UEFA ELにも出場。2014/15 UEFA ELではクラブは初出場となる本戦に出場し、ゴールを決め、各国クラブの視線を集めている。

1/3
1/5

赤星 貴文 選手 Akahoshi Takafumi

 

メッセージ

​「人生は一度きりです!海外でプレーする事は大きな経験になると思います!大きな目標に向かっていってください!」



FC Ufa (ロシア1部) 所属

MF 1986年5月27日生 

 

​Jリーグ浦和、水戸、山形、JFL金沢を経て、2010年7月、ラトビア1部リーグ FK Liepājas Metalurgs に移籍。移籍後UEFA CL予選 AC Sparta Prague (Czech Republic) 戦に出場。​ ラトビアでの活躍が評価され、2011年1月にポーランド Pogoń Szczecin に移籍し、2013/14シーズンにはポーランドリーグでベストMFと言われる活躍をみせる。そして、2014年夏にロシア1部リーグ FC Ufa へ移籍。海外で毎シーズン確実に結果を残し、ステップアップしていっている。

斎藤 陽介 選手 Saito Yosuke

 

メッセージ

​「夢があるなら、強い気持ちがあるならチャレンジをするべきです。 簡単ではないし、辛いことは多いけれど、その先には素晴らしい未来があることを信じてください。



FC Slutsk (ベラルーシ1部) 所属

FW 1988年4月7日生



 Jリーグ横浜、JFL金沢、アルビレックス新潟シンガポールでプレー後、 2012年に渡欧。 同年2月にラトビア1部リーグ FB Gulbene と契約。 同年8月に同リーグの前年リーグチャンピオンの FK Ventspils に移籍し、UEFA CL予選 Molde FK (Norway) 戦に出場。 2012シーズン、ラトビアリーグ得点ランキング2位の活躍を評価され、 

2013年2月、ロシア2部リーグの FC Ufa に移籍した。

2014年4月、ベラルーシ1部リーグの FK Slutsk に移籍。

移籍後ゴールを量産し同国メディアで特集されるなど、注目を浴びている。

1/5
1/3

​村山 拓哉 選手​ Murayama Takuya​

 

メッセージ

「日本とは違う環境で戦っていくことに不安も感じるかもしれませんが、夢を叶えるために今自分になにができるかを考え、毎日を大切にし、チャレンジしていってほしいです。」



Pogoń Szczecin (ポーランド1部) 所属

MF 1989年8月8日生  

 

阪南大学卒業後に渡欧。2012年8月にポーランド4部リーグ Gwardia Koszalin と契約し、リーグ開幕当初から活躍し、その活躍を認められ、同年12月に同国1部リーグ ​Pogoń Szczecin に移籍した。

移籍後レギュラーポジションを勝ち取り、1部リーグの出場も50試合を超えた。現在チームの中心としてプレーし、今後のさらなる活躍を期待されている。

佐藤 穣 選手 Sato Minori

 

メッセージ

​「18で日本を出て6年目。色んな経験をしてきました。僕自身、まだまだ夢に向かって頑張ります。色んな形で自分の経験を皆さんに伝えていければと思います。



FC Bunyodkor (ウズベキスタン1部) 所属

MF 1991年3月2日生



高校卒業後、Jリーグ草津でプレー後、アメリカでのプレーを経て、2010年7月にメキシコ1部リーグ Puebla FC と契約。契約と同時に渡欧し、ラトビア2部(当時)リーグ FB Gulbene にローン移籍。

クラブの昇格に貢献する活躍を見せ、2011年1月に同国1部のビッグクラブ FK Ventspils に移籍した。UEFA EL予選に出場し、国内カップも優勝する。8月には同国1部のSkonto FCに移籍。

外国人選手ながら10番をつけプレーし、その活躍を評価され、2013年3月にベラルーシ1部のDinamo Brestへ移籍した。

2014年3月に毎年AFCアジアチャンピオンズリーグに出場している、ウズベキスタンのビッグクラブ FC Bunyodokorに移籍した。

移籍後、レギュラーポジションを勝ち取りチームの中心としてプレーしている。

 

1/4

アドバイザー

© 2012 FOOT PLAN / We Think Global. We Move Forward.